人妻不倫 謝礼交際募集サイト 人気一覧

人妻不倫 謝礼交際募集サイト 人気一覧

不倫や謝礼交際検索に向いているサイトについて


今では女性も不倫を楽しんでいる

夫人という言葉を聞くとどうしても男性が主役のような気がしますが、最近では携帯電話で気軽に不倫サイトを楽しむことができるので、普通の女性でも周りの人に知られることなく夫人ができるようになってきました。かえって女性の方が好都合で男性が仕事をしている間にこっそりと相手行ことができるため、ほとんど男性が気がつくことはないと思います。

もしかしたらあなたは貞淑な妻と思っている奥さんも、過去に不倫を楽しんだ経験があるか今現在も不倫相手がいる可能性も否定はできないでしょう。女性が秘密を隠す能力はものすごく優れていて、男性のようなへまをすることもなくまったく跡を残さずに不倫をやってのけますから、ほとんどの男性が気がつかないうちに女性は何回も不倫を楽しんでいる可能性があります。

携帯電話の履歴さえも残さないほど女性たちは完ぺきに隠しますから、このようなサイトが多くできたおかげで昔はできなかった危ない遊びも女性たちが簡単にできるようになってきたのです。人生をよりよく楽しむためにひそかに不倫を楽しんでいる女性が爆発的に増えているということになります。

もちろん不倫を楽しむためにはお互いに守らなくてはならないルールがあるので、相手の家庭に入らないとかいきなり相手に対して電話をしないとかいろいろな決まりごとがあると思います。独身ならそういったことは全く気にしないと思いますが、お互いに家族がある以上暗黙の了解のルールがありますからそのような決まりをきちんと守って、お互いの家族に知られることがないように不倫を楽しんでいただきたいと思います。

定期的に不倫を楽しむ人もいますが、一回きりで満足してしまう人もいるので長く続けられるかそれとも単発で終わってしまうかはお互いの話し合いで決めるといいでしょう。

調べてみると意外な事実!不倫サイトから見る女性のタイプ別分析

不倫という言葉が一般的になって、不倫サイトも結構見かける今。でもやっぱり、実際に現実を見てしまうと「まさかあの人が不倫していたなんて……」と驚いてしまうのも事実です。そして、そんな本人達に聞いて見ると、「まさかこの私が不倫するとはとても思わなかった……」と遠い目をして告白することもあります。

まさにこの辺の感覚は紙一重。なにがきっかけで、女性が不倫に走ってしまうかなんて、わからないものですね。もちろん、男女の関係ですので、先行きが不透明なのも確かですし、何が起こってもわからないのは確か。不倫サイトを見たって、結構そんなシチュエーションが転がっていたりします。

あるアンケートを見てみると、女性の約2割から3割が不倫経験者、あるいは未遂者というように言われています。未遂というのは、いわゆる予備軍も含めて、そうなってしまいそうだった、というやつですね。以外と多いのかもしれません。不倫の期間の定義はこのアンケートにありませんので、一晩だけとか、1回だけ、とかを入れたら、もっと数は多いのかも知れません。狙っている男性にとっては、思わぬチャンスがここにあるかもしれません。

不倫しやすい女性にはしかもタイプがあると言われているので、分析してみると、以外と予備軍を見つけることができるのかもしれません。今回は、そんなことをちょっと考えてみたいと思います。

まず第一に挙げられるのは、仕事に対して生真面目なタイプです。女性が働く場合であっても、まじめに仕事をするのは当たり前です。でも、お金をもらっている以上に、その仕事に価値観を持っている人っていないでしょうか。人知れず、無償で頑張ってしまったり、代償を求めなかったり、そんなきまじめという人は結構女性でいるものです。

もちろん、向上心や仕事に対する意欲などは人それぞれですが、こういった何事にものめり込んでしまってと言う人は要チェックです。こういった人たちの特徴は、忍耐強いこと。だからこそ、給料以上の価値観を持ってしまうのです。不倫は、結構ストレスのかかるもの。

でも忍耐強ければ、そのストレスにも打ち勝てますし、もしかしたら仕事のストレスをそういった恋愛で発散することも十分に考えられます。頑張ればきっと報われる、と思ってしまいがちなのも、このタイプの女性に多いこと。案外近くにいるのではないかと思われますよ。

不倫サイトは危険な橋?利用にはやっぱりオトナの判断が必要!


不倫サイトを見てみると、いろいろな人生模様が見えてきます。中には、不況で結婚の機会が遅れ利用している、と言う人がいたり、いけないとはわかっていても会社の上司と人には言えない不倫愛をしていたりと、そんな体験談が多く記載されています。先の見えないそんな状況であっても、案外たくましく見えてしまうのは、個人的な意見ではないと思います。

不倫という言葉が世の中に認知されたのは、今から30年以上も遡らなくてはなりません。もともと、不倫という言葉はあったにはありましたが、それは今のような意味合いではあまり使われていなかったはずです。どちらかと言えば、道徳を外れること、モラルがないことを指していたように思います。

それが現在のような「男女間の結ばれない関係」「結婚している相手との密かな関係」という意味になったのは、有名なTBSドラマ「金曜日の妻たちへ」でしょう。1983年に公開されたこのドラマはまさに衝撃的でした。当時は社会現象のような、そんな状態になったと言います。

不倫という言葉が1つの名詞になったのもこのころ。「不倫している」「不倫中なの」といった使われ方が一般的になりました。このブームを受けて、「金曜日の妻たちへ」はシリーズ化されて、人気シリーズとなったのです。そして、その内容から感じる危険さと、非日常的な感覚とが重なり合って、多くの不倫願望者が発生したのも事実です。ここから、日本においての不倫は確立され、認識されたといってもよいでしょう。

そもそも、この不倫を題材にした小説やドラマ、映画は非常に多いのです。古いところでは、太宰治の「人間失格」や、ドラマにもなった「失楽園」も不倫がテーマですし、映画ではこれも有名な「マディソン郡の橋」もあります。日本だけではなくて、海外でもこの不倫という概念はあるのですね。海外の不倫は、もっと日本よりも進んでいるというか、社会的な認知度も高いようです。海外でスタートした不倫サイトは会員の数が非常に多いことも、この認知度の表れかもしれません。

この不倫という言葉は、だんだんとジャンルの1つとして確立されてきました。とくに直接絡めやすいアダルト物を中心に、一定の需要があります。男性向けであれば、AVや風俗などで、これらを扱ったものが多数ありますし、女性向けでは官能小説やレディースコミックなどで、刺激的な題材として扱われてきました。

ですが、これらはあくまでも題材として使用しているだけで、実際の現実とは異なっていることも確かです。現実の世界では、もっとダークで後ろめたい部分が強いですし、実際の本人達はもっと実は真剣だったりします。遊びとしての要素が強い不倫ではありますが、真剣になってしまって抜け出せない、といったことも良く聞きます。

特に、両方、もしくは片方が結婚しているという状況のため、悪くこじれてしまえば離婚や法律問題に発展してしまう危険性をはらんでいるため、軽々しいものではないのも確かかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ